住宅ローンとキャッシングの繰り上げ返済のシステムは違う

住宅ローンでは繰り上げ返済と言えば大きなメリットがある返済方法です。
消費者金融のキャッシング比較でも同じようにメリットがありますが、多少の仕組みの違いがあります。
繰り上げ返済とは、返済日とは別に追加で返済をすることです。
それは返済日前でも返済日後でも構いませんが、返済日にも返済をした上に、と考えておきましょう。
住宅ローンでは繰り上げ返済は金額がいくら以上と決められていることが多く、繰り上げ返済には利息がかからずすべてが元金に充当されるという大きなメリットがあります。
消費者金融のキャッシングでは繰り上げ返済にも通常と同じように利息がかかります。
ただ、返済日とは別の返済となりますので借入期間は短くなっているため元金充当額はおおきくなります。
それがメリットです。
気をつけておかなければならないのは繰り上げ返済のタイミングです。
消費者金融によっては追加返済と呼んでいるところもありますが、返済日以外の返済ということで同じものとして考えておきましょう。
消費者金融ではいつでも繰り上げ返済を受け付けているというところもありますが、返済日14日前以前になると前月分の追加返済として扱われ返済日にまた返済をしなくてはならなくなります。
返済日の条件としてどのようになっているのかを確認しましょう。
せっかくの繰り上げ返済も前月分に充当されることによって今月分の本来の返済額が用意できなくなる可能性もあります。
一度狂った予定は立て直すことが難しくなることもありますので確認をしておきましょう。

電話なしでお金を借りる方法とは?

お金を借りる申し込みをした時に、気になるのは電話連絡ですよね。自宅の固定電話にかかってきたのではなくても、家族と一緒にいる時に電話がかかれば応答などで借り入れについて気付かれてしまいそうですよね。
電話連絡は、申し込み者への申し込みの意志確認などと併せて必ず行われるものですが、家族には内緒でこっそりと借り入れしたいと考えている方にとっては気になる点ですよね。
三井住友銀行グループのモビットでは、WEB完結という契約方法にすれば電話連絡は一切ありません。借り入れするまでには、ネットとメールでのやり取りで電話なしで契約などの手続きを完了することができます。
WEB完結での申し込みをするためには、条件を満たしていなければなりません。条件とは、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座をもっていること、また社会保険証が組合保険証を持っていることの2つです。どちらか満たしていない場合は、通常のカード申し込みとなりますので連絡などは入る形で契約ということになります。
モビットのWEB完結ではスマートフォンでのサービスも始まっています。誰にも借り入れのことを知られたくない、でもできるだけ早く借り入れしたいという時には、モビットでのWEB完結による契約がピッタリでしょう。
モビットのWEB完結では郵便物もありませんので、借り入れは自分の銀行口座への振り込みを受け、返済は口座振替となります。キャッシングへの手間が最小限で利用することができますね。

土地を担保にお金を借りるローンとの違い

お金を借りる、つまりはローンを利用するための方法としてはいくつかの方法がありますが、たとえば土地を担保にお金を借りるローンがあります。
これはとても大きな額を借り入れる際に利用され、少額の借り入れの場合はまず利用されませんし、そもそも少額を借りるためだけに土地を担保にするための手続きを踏むというのも、少々面倒くさいですね。
しかし、一般的なキャッシング会社では土地を担保にお金を借りるなんてことはまずありません。
ほとんどのキャッシング会社は、無担保で連帯保証人も必要ありません。だからこそ、少額でも気軽に利用しやすいのが、キャッシング会社のローンなのです。
借り換えローン申し込み方などといった手続き方法については別ページにて詳しくご説明させていただきますが、キャッシング会社との契約は手間があまりかからず、とても楽になってきています。
インターネットが普及し、スマートフォンといった携帯端末も普及した今では、パソコンのほか、スマートフォンなどからの申し込みをおこなうことができるキャッシング会社も増えてきていますので、わざわざ店頭に足を運ばなくてはいけないという手間もなくなりました。
こうして最終的にキャッシングを利用できるまでにかかる時間は、たとえ申し込みにかかる時間を入れたとしても1時間もかからないことがほとんどになっています。
多額のお金が必要なときには別ですが、ちょっとしたお金が必要なときにとても利用しやすくなっているのが最近のキャッシングなのです。

定額手数料を比較する

株取引のその買い方によってはネット証券の売買手数料として定額手数料を選択した方がよい場合もあります。
取引をした回数だけ手数料が加算されるのは通常の取引手数料となります。
しかし、一日のうちで多くの取引をするのであれば手数料が定額になっていた方がお得になるものです。
取引の回数は問題ではなく、その日の売買約定代金合計額によって手数料が変わってきます。
デイトレーダーには一番のおすすめになるでしょう。

それでは定額手数料を1日の売買約定代金合計額が10万円の場合だけでネット証券手数料比較してみます。
・定額手数料0円
松井証券
・定額手数料100円
岡三オンライン証券、SBI証券
・定額手数料105円
コスモ証券
・定額手数料200円
内藤証券
・定額手数料210円
リテラクレア証券
・定額手数料230円
GMOクリック証券
・定額手数料1260円
むさし証券
・定額手数料2625円
マネックス証券

10万円という少額の売買約定代金合計額で比較しても0円のものから2625円のものまで出てきました。
その差が大きくなることがお分かりいただけたかと思います。
しかしだからと言って手数料0円となる松井証券が最もよいかと言えばそうでもありません。
売買約定代金合計額が100万円となったときには松井証券は1050円の定額手数料となり比較してみると高額の部類に入ります。
反対にマネックス証券は10万円の売買約定代金合計額の時には2625円と高額になっていますが300万円の時でも同じ2625円となっています。

信販系カードローンとは?

金融業者と呼ばれるものの中に、「信販会社」というものがあります。
「信販」とは、個人の「信用」を元にショッピングサービスを行う、すなわち、クレジットカードを取り扱うことをいいます。
その「信販会社」が取扱うカードローンを「信販系」カードローンと呼ぶこともあります。
「楽天」「オリックス」(この2社はプロ野球を運営していますね)「セゾン」「OCM」などの企業が、信販会社にあたります。
これらのクレジットカード会社は、独特なCM宣伝などで、世間的にも知名度の高い先です。
どちらかと言えばお堅いイメージのある銀行よりも、庶民的イメージが高いのではないでしょうか。
これらの会社のクレジットカードの利用者から、カードローンのニーズが高まってきたことを受けて、各社が、カードローンの商品化を行うようになっているのです。
信販系カードローンの特徴としては、比較的大企業が運営していることが挙げられます。
先に挙げた、テレビなどにもよく登場する企業が母体となっていますので、安心感を利用者に与えることになっています。
金利の幅は、他の所得証明不要カードローンに比べると幅が大きく、多彩な利用者に対して、柔軟な対応を行っていると言えるでしょう。
また、銀行系のカードローン程には、審査も厳しくなく、2社程度の借入利用者でも、審査に合格する可能性もあります。
だからといって、あくまで借入ですので、あまり多くの利用者であれば、否決になることは当然です。
また、あまり複数先に借入しても、自分自身が困るだけですので、十分に注意するようにしましょう。

レイクのキャッシングは無利息期間が2種類ある

他の消費者金融や銀行とは全く違った無利息期間の提供があるのはレイクの特徴になっています。
キャッシングをするときに利息は必ずかかるものとして考えなくてはなりませんが、無利息期間があればその期間の利息は考える必要がありません。
この無利息期間をいかに有効に活用することができるかによって返済総額は大きく違ってくることとなります。

レイクの無利息期間は2種類用意されています。
180日間無利息と30日間無利息です。
こうしてみると当然180日間の方がお得になると感じますが、それぞれの無利息期間には条件があります。
いずれも共通する条件としてはレイクの利用が初めてであること、そして初回借入時に適用されるということです。
契約翌日から開始されますので予めレイクのカードを作っておくのではなくお金の入用があるときに契約をした方がお得になるでしょう。
30日間無利息は、借り入れ金額に制限がありません。
180日間無利息は借り入れ金額のうち5万円までが対象となるものです。
どちらの無利息期間がお得になるのかを判断するためのシミュレーションがレイクの公式ホームページ上には用意されていますので活用しておきましょう。

無利息期間を考えても5万円以内の借り入れであればほかの消費者金融や銀行を考える必要はなくなるでしょう。
金利を比較することもありません。
180日間といえば半年になりますので毎月1万円ずつの返済をしたとしても十分に期間内に完済ができる金額になります。

参考:楽天銀行スーパーローンの口コミ(5件)

返済に気を付けて!クレジットカードでのキャッシング

クレジットカードのキャッシングの返済は、通常のショッピングと同様に毎月の引き落とし日に自動的に返すことも可能です。ただし、利用日数分だけ利息がかかることを考えれば、少しでも早く返済したほうがよいかもしれません。

様々なキャッシングがあり、毎日利息がかかっていくというシステムのところが多いわけですから、返済できる状態になったらすぐにATMから返済してしまいましょう。ただし、返済時のATM利用手数料、これに注意する必要があります。

何度もこまめに返済すると、驚くほど手数料がかかってしまっていた、ということにもなりかねません。ですから、返済するタイミングも考えておきましょう。

すでにクレジットカードを持っている方にとっては、特に準備もいらずすぐにお金を借りる借り入れできるのがキャッシング枠の利用のとても便利なところなのですが、気軽に利用できるからこそ利息のことに少し注意を向けてみる、このことでさらにクレジットカードのキャッシングは便利になるはずなのです。

クレジットカードを何枚も持っている方も多いですよね。このお店で使うのはこのカード、ネットショッピングならこのカード、と使い分けているかもしれません。キャッシングをするクレジットカードも一枚に決めてしまい、他のカードのキャッシング枠を可能ならば0にしておくというのもよい方法です。使いすぎやキャッシング枠が大きくなりすぎて他のローンなどの申し込みが否決になってしまう、ということも防げます。

立場別、消費者金融など借り入れ先の選び方

フリーキャッシングとしてお金を借り入れたい、その時にはどんなキャッシングをすればいいのか考えてみましょう。
実は立場によって選び方は変わってきます。
銀行がいつでも最適な借り入れ先になるわけでもなく、消費者金融が常に利便性が高いわけでもなく、行政は誰でも利用できるわけではありません。
学生、専業主婦、兼業主婦、低所得、人によって立たされている環境は異なります。
その異なった環境に応じた借り入れ先があります。
自分にとってベストではない借り入れ先からのキャッシングは、困難な状況に陥ってしまうことすらあります。

お金を借りたいと感じたのはどのような理由からだったでしょうか。
どのような理由であれピンチを逃れるためにという理由だけは共通するはずです。
一時的にお金を借りることによってピンチから免れることはできるはずです。
ところがキャッシング方法を間違ってしまったとき、そのピンチが大きなピンチに変わり結果として自分をそれまで以上に苦しめることがあります。
当然そのようなことになってしまっては本末転倒です。

人によってベストがキャッシング先は違います。
またその立場や収入や環境などはほかの誰かがある消費者金融ランキングをほめていたとしても自分にとってそれが同じようにベストになるのかと言えばわからないことになります。
借りたらすぐ返す、基本的なことと思われるかもしれませんがそれを遂行するのは意外にも簡単なことではないようです。

アコムのむじんくん、最短時間は30分で契約完了

むじんくんで契約をすると最短の時間は30分ほどで契約完了となります。
時間がない時にもアコムは活用できる申し込み方法があるということになります。

それではむじんくんの利用について流れを見てみましょう。

むじんくんの店舗に入ると、ATMがありそれとは別に個室があります。
それが自動契約機になります。
中に入ると自動的に鍵がかかり、店舗によっては鍵をかけるようにガイダンスが流れて手動になることもありますが契約中に誰かが入ってくるという心配はありません。
むじんくんはタッチパネルになりますので音声ガイダンスに従って操作をしていきましょう。
操作を進めていくと申込書が出てきます。
ここには個人情報として必要な項目を書いていくことになりますが、むじんくんの外に用意されていることもありますので、むじんくんで先に契約中の方がいたときには待ち時間を利用して申込書の記入をしているとよいでしょう。

申込書を機械に取り込ませ、次に本人確認証も機械に取り込ませます。
電話が鳴りますが、これはオペレーターからの直通電話。
もちろんタッチパネルにその旨表示されますので電話をとって確認内容に回答をしましょう。
そしていよいよ審査が始まります。
アコム審査は意外にあっという間に終わり20分もかからずに終了するでしょう。
この審査の間に在籍確認が行われています。
審査結果は直通電話で知らされることになりますが、可決となれば契約書にサインをしてカード発行となります。

プロミスATMの時間について

プロミスの専用ATMは、プロミスカードローン会員がいつでも自由に利用出来るので、大変便利です。多くの方は「プロミスのATMって、コンビニと提携しているあの機械?」と勘違いされるかも知れません。プロミスのATMとは、全国にある「プロミス自動契約機」の店舗内にある、プロミスATMの名称です。

このATMは、プロミスの自動契約機よりも、更に長時間の営業を行っており、朝の7時から夜の24時までキャッシングや返済に利用する事が出来ます。しかも、月曜から日曜、祝日等、いつでも曜日を気にせずに使う事が出来ます。ただし店舗によっては、朝の営業時間が8時からという場所もあるので、注意して下さい。

また繁華街のATMでは、夜の営業時間が21時までと、利用時間の短いATMもいくつか存在しています。プロミスATMでは、コンビニのように手数料を払わずに、いつでも入出金をする事が出来ます。コンビニの場合、105~210円の手数料が要るのですが、プロミスATMなら利用手数料無料でいつでも使う事が出来るのです。

年間に計算すると、コンビニとプロミスATMでは大きな差が出る事でしょう。カードローンは無駄な出費を抑えて、賢く利用するのがスマートな使い方です。是非、お金の出し入れを行う際には、プロミスATMを使ってプロミス増額を利用してみて下さい。平日や日中以外にも時間を気にせず、気軽に立ち寄る事が出来るので大変おススメです。